SSブログ

白衣の天使を支えた、カタコトのリア充天才料理人&発明家!アレクシス・ソワイエは実在するッ! [歴史漫画]

Teamバミンカスの「人口論」読んでいて、驚いたこと。

この漫画は、「人口論」の著者であるマルサスは最初と最後にちょっと出てくるだけ。
本編の主役と言えるのはナイチンゲールと、ちょっとボンヤリした孤児と、天才料理人の3人。

この天才料理人なんだけど、
以下のような、実に嘘くさいキャラクターである。

フランス革命で食い詰めたものの、飯のまずいイギリスに渡って出世。
上流階級が集うサロンの料理長を務める。
ガスコンロなどの調理器具なんかも開発。
ソワイエ3.png
奥さんはお金持ちの令嬢で、駆け出しの頃に駆け落ちして一緒になる。
名声を極めるも一転、戦地へ趣き、難民や傷ついた兵士のためにショボイ食材から美味しい料理を作ってみんなを元気づける。名付けて「飢饉スープ」!
ソワイエ4.png
ちなみに英語が苦手で喋りが変。
奥さんと子供を死産で失っても暗くならないスタイル。
劣悪な当時の病院の環境を変えたいと願うナイチンゲールを助ける助っ人。

…まあ、架空のキャラクターなんだろうなと思っていたら、実在したんですな、この人。

アレクシス・ソワイエさん。
ソワイエ5.jpg
イケメン。
リア充。

 
俺のナイチンゲールの蔵書は、以下の三冊。

学研まんが伝記シリーズ「ナイチンゲール」
児玉香津子著「ナイチンゲール」
茨木保「ナイチンゲール伝」

このうち、児玉香津子著「ナイチンゲール」では2P使ってソワイエが紹介されています。
ソワイエ1.png
学研まんが伝記シリーズ「ナイチンゲール」では漫画には出てこないものの、欄外の豆知識コーナーに2行ほど説明があります。
ソワイエ2.png
作画はよこたとくお。

茨木保「ナイチンゲール伝」には出てきません。

藤田和日郎のナイチンゲール漫画、ゴースト&レディにも出てきてたそうです。
一回しか読んでないのでまるで記憶にない。。。

 

人口論 (まんが学術文庫)

人口論 (まんが学術文庫)

  • 作者: Team バンミカス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 文庫



黒博物館 ゴースト アンド レディ 上下巻セット (モーニングKC)

黒博物館 ゴースト アンド レディ 上下巻セット (モーニングKC)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015
  • メディア: コミック



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。